内田かずひろさん3 先輩はタモリさん

ちょっとあざといタイトルだったかしら? おほほ。 まさに自宅警備員としか言いようのない小学生時代の内田さん。やっぱり発想が面白い。想像力が豊かすぎるがゆえに、想像力の飛距離がものすごく伸びちゃって、結果的に誰も思いつかないような場所に着地するから、発想が面白いんだろうと思う。 そして、子どものころからやっぱり行動力がありますよね。自分が好きなものはとりあえず自分でも作ってみる。「好き…

続きを読む

内田かずひろさん2「自分はもうちょっとマシだと思ってたのに」自信と自意識の交差点

内田さんは二枚目をあきらめていない。 話を聞きながら、編集しながら何度か思った。そして自分を振り返り、逆にわたしは三枚目に逃げているのではないか、自分を含めた世界を茶化して生きているのではないか、と思わなくもなかった。人が何かを生み出すとき半笑いでは作れないし、ある種の自己陶酔がなければやり続けられない部分がある気がする。そういう意味で二枚目であることにこだわるのはクリエイターの矜持でもあ…

続きを読む

内田かずひろさん1「4コマ漫画で絵本をやろう」いがらしみきおがつなぐ縁

今回のゲストは「ロダンのココロ」でおなじみのマンガ家、内田かずひろさんです。なぜ肩書が漫画家ではなく、マンガ家なのかは本編を聞いてもらうとして、久しぶりに会う内田さんは相変わらずおもしろい。しかし本人はそのおもしろさに無自覚なようで、真顔でズレたことを言ってくる。真顔でと言ったけど、本人がまじめに言ってるから当然のことではある。生きているうちに、他人からかけられる「おもしろいね」とか、「変わって…

続きを読む

中山るりこさん3「ピアノの裏の模様を覚えている」

張りのあるいい声で、とても分かりやすくお話されるるりこさんですが、なんとロータスシネマで司会をするまでは、人前に立って話したことは一切なかったそう。 えっ、こんなに上手なのに? こんなに慣れた感じなのに? 自分を開く決意をして初めて他人にも感知できる才能があるのだなあと思います。やってみて初めて気づく自分の能力っていうのもあるのだろうと思います。そう思うと、何でも試してみないとね。 …

続きを読む

中山るりこさん2「全部、丸見えだから」トウキョウ・ネイティブ物語

実はこれまでるりこさんとは数えるほどしか会ったことがないのですけど、そのわりに旧知の仲かのように、いろいろ言っているのは、るりこさんがライフログを細かく取るタイプだからなんですね。そこで最近のカレー熱の高まりを感じていたのでした。ちなみに話に出てくるカレーのTVはこちら。 YouTubeは貼ると重くなるので、皆さま各自でお調べください。FBページからも見れます。 ところで、私事なんですけ…

続きを読む

中山るりこさん1「座りに来る人もいます」なお寺との新しい付き合い方

今回のゲストでは西新宿にある常圓寺を主な拠点としてロータスプロジェクトを運営している中山るりこさんです。この常圓寺ですが、丸ノ内線の西新宿駅のE8出口を出たらもう目の前。都会も都会、大都会の真ん中にあります。 何度かラジオの中で言っていますが、わたし自身はプロテスタントの家庭で育ったためお寺にはあまり馴染みがありません。月命日にお坊さんがお経をあげにくる、みたいな経験もないし、お焼香だって…

続きを読む

齋藤裕二さん&昌世さん3「リーマンショックでドライブした」

まず最初に謝っておきましょうかね。2人体制のときは、バックアップも兼ねてそれぞれのICレコーダーを使い2台で録音していたのですね。で、今回は1台しかないから、万一に備えてスマホでも録音していたのですよ。そのせいでラインの着信音が何度か入っております。これまでは編集でうまく切れたのだけど、今回ばかりはちょうど話しているときだから、カットもできず… すみませんでした。 あと自分の反省点として影…

続きを読む

齋藤裕二さん&昌世さん2 場作りを知るためにWWOOFで全国を巡る

今の暮らしに行きつく前に、ウーファー(Wwoofer)として全国の面白そうな農家さんやコミュニティを訪ね歩いたサイトウ夫妻。当然のようにウーフやパーマカルチャーという言葉が出てきて、そのまましゃべっていますが、ここは少し補足がいるかもしれません。(こんなとき相方がいてくれたら、きっと「ウーフって何?」って聞いてくれて補足してたはずなのに…) 詳しくは各自でググってもらうとして、大まかに説明…

続きを読む

齋藤裕二さん&昌世さん1「この親方の所でやりたい」

さて今回から「浮いてるラジオ」シーズン3が始まります。いろいろあってまた一人体制に戻りました。更新ペースはゆるゆるだけど、熱いパッションで皆さまのお話を聞かせてもらいたいと思います。よろしくお願いいたします。 ふたりとの出会いは6年前。当時トランジション杉並という活動を一緒にやっていたので毎月のように会っていた。しかしグループは1年ぐらいで自然消滅しました。なぜって? コアメンバーたちがみ…

続きを読む

萩原ほたかさん3「打ち上げしたら家に58人来た!」

今回はキラーフレーズ出まくりだったので、キャッチにどれを使うか迷ったわ~。そしてこのエピソードを聞きながら、何とはなしにトム・クルーズの「卒業白書」を思い浮かべてたんだけど、あらすじを読み直したら親が留守の間に家でパーティーをする以外は全然違ってた。最近、15年ぐらい前に見た映画を見直したら、何もかも忘れてたぐらいだから84年に公開された映画のこと覚えてなくもしょうがないよ…。 さて前回チ…

続きを読む