五十嵐純さん2「世界を小さくしたい」

ゲストの純ちゃんが、陽代さんとわたしの共通の友だちということもあり、かなり雑談のテンションで話しております。

ユニバーサル・ヘルパーとは職業ではなくボランティアというか、居るだけでいいという究極の存在。純ちゃんみたいに、嫌なことを我慢せず、行きたいときに行きたい場所に行き、特に相手に何かを求めたりもせず、そのときにあるものをシェアしながら楽しく暮らしている人がいる。それがこの日本という国の希望に思えるのです。みんな、もうそろそろ嫌な仕事をやめても生きていけることに気づこうぜ!

そうやって世界を小さくすると、いろんな場所での紛争が減るはず。だって、自分が知ってるあの人の国を攻撃しようって思わなくなるよね?

ちなみに話の中に出てくる仙台四郎という人は、彼が来るとお店が繁盛するという生きビリケンさんみたいな人でございます。

あと、途中で出てくる“ちえこさん”は、特に注釈を入れてませんがわたしたち3人の共通の友だちです。さらに出てくる“みくさのみたから”もさら~っと流していますが、それについては次回説明しているのでしばしお待ちを。いや、今すぐ知りたい!って人は自分でググってちょ。 (か)

P4220283.JPG