植田翔子さん2「有利になるように考えながら、好きな仕事をするのが楽しい」

1年ほど、いろんな人の話を聞いてきて実感したのが、やはり好きなこと(好きな仕事だったり、仕事以外の好きなことだったり)を実現できている人たちに共通するのが「行動力」と「人とのつながり」があるかどうか。基本的に自分が動かなければものごとが起こらないので行動力は当然として、やはり、つながりなくして自分の力だけじゃどうにもならないことって世の中にいっぱいありますからねぇ。飲み会大事。でも、会社員は社内の人や同期とばっかり飲むんじゃなくて、社外の人と飲むといいぞ。

それにしても中学時代の図書館改革の話。こういう問題意識の持ち方というか、何かを見て「あれ? ここがおかしいぞ」と気づく感性みたいなものは、きっと生まれ持っての個性が大きく関わってそう。私も中学生の時に入りたい部活がなかったから、なければ作ればいいじゃないと思って作ったけれど、あくまでもそれは自分のためであって、他の生徒のことを思ってたわけじゃない。中学生の時点でこの視点が持てるのはかなりすごいことではないでしょうか。

狙ったわけではないけど、自分の性格にしっくりくる有利な方法を考え、自ら交渉して得た契約社員の掛け持ちの話も、お見事!としかいいようのない着地でした。

と・こ・ろ・で、完全に余談だけど、ちょっと翔子さんがむせちゃってカットした部分があるんだけど、そのときに「大丈夫ですよ、カットできますんで」って、いかに私たちの編集の技術が上がってきたかをドヤ感たっぷりに語ってた箇所があるんですけど(当然カットしました)、今聞き直したら今回の私の編集はかなり荒かったw あんなに豪語してたのにすみません。 (か)

P9210234.JPG

話題に出てきたあたみマルシェはこちら