植田翔子さん1 地方から出たかった人が伊豆のダイダイを使ったアロマミストで起業するまで

アロマミストSWITCH meで起業した植田翔子さん。
堅実な人が、堅実だからこそあまりアピールしない堅実な起業ぶりを聞きました。

翔子さんのブログ「地方の素材、編集日記。ブランドを育てるって、こんなかんじなんだ。」やfacebookは、具体的な細かい作業や戸惑いが飾らずに書かれていて、人の小さな心の動きを眺めることが好きな私はふと読みたくなる。

起業するか、しないかだけじゃなくて、起業する中にも、多様な起業がある。
自分に合った起業の仕方がある。
そして、起業にかぎらず、常に気を張ったアピール路線じゃなくても発信方法あるよっていう一例でもある。

それにしても同じ大学にいたのに、見ていた風景がまったく違ってびっくり。学科が違って周りにいた人も将来の志望も違ったからというのもあるだろうけれど、他人の国際的原体験とか、まったく考えたことなかった。同じ時間を同じ場所ですごした友達に当時の内面を聞くって面白い。今週は18分半。(だ)

P9210234.JPG



今週のおやつ
P9210232.JPG
プチグレイスのスノーボールと、翔子さんからのお土産伊豆乃踊子

『地域ではたらく「風の人」という新しい選択』(私が話題に出した本、タイトル間違えてましたごめんなさい。)