小田垣宏和さん1「目的は街づくり」図書館を通してコミュニティづくりに取り組む会社員

図書館員ではないけれど、図書館の活性化に取り組んでいる小田垣宏和さん。図書館ボランティアからスタートして、いつしか仕事を依頼されるまでに。

私自身は、大学図書館に勤めていたことなどもあって縁のあるほうですが、図書館は、縁の深い人もいれば、まず行かない人もいる。
図書館界隈にさまざまな動きがあり、しかもそこには、図書館員でもなく、かといって出版社員でも書店員でもない人までいるんだよとか、本を読んで楽しむ以外にも図書館には人や情報をつなぐいろんな可能性があるんだよとか、知ったらもっとたくさんの人に役立つんじゃないかなあ~そもそもいろんなボランティアの形がある中で、小田垣さんはなぜこの形で取り組むようになったんだろうと思ったのが、小田垣さんにゲストをお願いした理由の1つ目です(2つ目は来週のテーマ)。

浮いてるラジオではこれまでも何かを大好きな人たちが登場してますが、海外まで追いかける形ではなくても、日常的に熱く淡々と図書館をめぐる人たちもいる、世の中にはほんとにいろいろな楽しみ方があるものだ。

それに、単純に面白くて。一会社員が図書館に関わり始めて、それが本業にはならないにしろ、だんだん仕事にまでなっていった、そこまでに育てていったという過程。そこには、図書館にかぎらず、さまざまな、一見非営利で収まってそうな物事を、どう人を巻き込み活性化させていくか、のヒントがあるのでは。(だ)

P9110224.JPG



P9110227.JPG
今週のおやつ
二羽さん回に引き続き人気のばかうけ、Fばかうけアソート
と、ふんわり名人、そのふんわりはかないぶりは放送内にて。

Point Blur_20171105_133807.jpg
常時複数の図書館カードを持ち歩く小田垣さん

P9110225.JPG
ひきふね図書館の点訳ボランティアさんによる点字のブックカバー。廃棄される点字の区報や新聞から作っているそう。

<ちらほら出てくる図書館・読書周りの用語リンク>
図書館パートナーズ
ひきふね図書館パートナーズ
まちライブラリー
カーリル
Read for Action