二羽信宏さん2「願えばかなう」マニー・パッキャオと会った撮ったご本人のFacebookでいいね4.5万

待ってました、何かを強烈に大好きな話!今週も夢、かなってます。
「マニー・パッキャオの家の前で写真を撮りたい」、伝わりますかこの声の熱量。
フィリピンの英雄、ボクサーであり政治家でもあるマニー・パッキャオのことを語り合える相手がいないから、相手を求め聖地を目指してフィリピンへ…。
「ないなら作る」と同じように、相手がいないなら、相手がいる場所へ。「こうだったらいいのにな~」で終わらずに、「じゃあ」と動くことでいろんなことが実現していく。

互いに好きな何かを称えたりそれを聞いて気持ちを共有したりって、お金もかからず疲れもせず誰も傷つけないのに、こんなに充足しあえる。
そしてそんな風景は、その好きなものに詳しくない人にとってもきらきらしている。誰かの「好き」に触れられるって素晴らしい。

前半は「こんな喫茶店があったら自分が通いたい」から生まれたペンギンカフェの準備期間のお話をうかがいました。自分が欲しい商品や場所やサービスを作るって、きっと「作る」のすてきな原点の一つ。

開店までの大筋をうかがいながら、先週に続き、一つに決める力ってすごいなと思いました。就職活動をせず、すごく好きで関わっていたラジオの仕事にまっすぐ入っていったこともそうだし、自分の住んでいる街、さらには通りを絞ってお店作りを考え物件を探すこともそう。結局最初から絞りこめていることで、あれもこれもとやってはやめる労力が、全部本命に行くわけですよね。
ふらふらあれもこれもしている私は、せめてふらふらした分を(転々としがちな)本命に活かそう…いや活かさなくてもいいか…(だ)

P8080222.JPG


今週のおやつ
P8080218.JPG
ソフトサラダレモン味Fばかうけアソート


念願のパッキャオ邸門前
パッキャオ邸.jpg

パッキャオ邸敷地内にてポーズをとる二羽さん
二羽さんパッキャオ邸.jpg

夢の対面ショット(コメント欄には「彼は日本のキアヌ・リーブスなの?」という声も)
二羽さんパッキャオと.jpg