草野結実さん2 ゴーストオタクの拡張する日常&中二病の必殺技がグラミーとっちゃったことによる悲劇

最初に言います。42分あります。
でもほら、もう最初からそういう番組だと思って再生ボタン押していただければ。
録音中、続きが気になりすぎて停止ボタン押せなかったんです。

というわけでスウェーデンのロックバンドゴーストが好きすぎる草野結実さんのお話第2弾。
通常ならしない行動を人生に即行で取り入れる効果的な方法って、「好き」にリンクして発生するってことなんだろうな。その時点で負担じゃなくなってるわけだから。

好きになったバンドが末永くメンバー仲良く息長く成功して長く心穏やかに楽しめる人生と、ええ~そんな~!!!ってトラブルが降りかかるバンドを好きな人生とあると思うんですが、私は10代で「ええ~!!!」て何度もなり、20代の途中くらいからか、時間というのは経過するもので、またメンバー結集したり活動再開したりすることもあるんだな、続くんだなってことを知り、そういうことにあんまり悲しまなくなりました。
が、このお話に関してはそれではすまないトラブり感ですね。

最初の段階でああしてればこうしてれば…って、そんなの最初からそうそうやれない、だいたいみんなやってないけどその内の成功した人だけにそれがトラブルとなって現れてしまう現実。
他のメンバー目線で見たらまた少し違ってくるのかもしれないし、結実さんが何度も「たぶん」と言っているように、すべてがわかりきるわけではないけれど、一人のオタクがここまで調べあげた労力とそれが苦でもないであろう、好きってほんとにすごい。(だ)

IMG_20170723_172343.jpg



★今回の話についてもっと理解を深める!結実さん渾身の「Ghostを勝手にプレゼンする資料 Ⅱextra」>

★ゴーストについてさらに理解を深める!結実さんのブログはこちら