八巻真理子さん3「癒すより鍛える」~新しい筆記具キットパスで拓くボランティアの形~

冒頭、子どもの頃からの感受性の鋭さというか独特の感覚をうなづきながら伺いました。八巻さんとはまた少し違う理由で、私は、空気だったら地面に重みがかからないから地面を痛めつけなくていいなあみたいな感覚で、自分が空気とか風とかそういうのだったらよかったなみたいなことを考えていました。かんなさんはそうは感じたことはないけどおかしいとは思わないと言っていて、私はこういう共感してもしなくてもいられるのが好きです。

間で八巻さんの目指す「ストーリー性のあるスタイリング」を伺いつつ、後半、ライフワークボランティアの話。あらためて、いろいろやってみる体力があるし、自分への理解力が高いなあ~と感じました。キットパスに出会ってぴんときたのも、そこにいたるまでずっといろんなボランティアを続けてきたり大人になってから大学で心理学を学んだりしてきた地盤があったからこそだし、だからキットパスの魅力をより深く人に伝えられる。

「やってみる」ことの意義は百発百中で当てることではなくて、やってみてどこか違ったらまたさらに別のことをやってみて、を繰り返しながら、よりやりたいことを作っていくことなのだと思う。やってみる実行力があり、かつやってみた中で自分がやりたい方向はこれだと、自分に合うものを選ぶことができるから、それが両輪となって、「さらにやりたいことができる」につながってるような。今回は18分。(だ)


ymk.jpg



『日本でいちばん大切にしたい会社』にも選ばれている日本理化学工業株式会社が送る、「まったく新しいタイプの筆記具」キットパスの
商品説明 http://www.rikagaku.co.jp/items/kitpas.php
使用例 http://www.rikagaku.co.jp/items/iroiro.php

*東急ハンズでのキットパス実演販売風景*
上:キットパス
下:キットパス体験中の子どもさんと見守る八巻さん
IMG_20170722_171819.jpg
IMG_20170722_172754.jpg