五十嵐純さん3「その人のそのものが輝いたら」

五十嵐純さん、最終回です。 子どもの頃の純ちゃんの話から始まりました。 東京の学校ではシャイだったけど、お母さんに故郷福島ではいとこの先頭に立って探険しまくっていたという純ちゃん。 でもね、そのおおきな大黒柱がある純ちゃんご自慢の家は、いまは「立ち入り禁止」なんですって。 なんともやりきれないです。 (先日も大きい地震がありました。もう二度と同じことを繰り返したくないと思いを新たに…

続きを読む