亀山空さん2「いつも言葉の外にいた」けれど作家を目指す人

本が読めないけど作家志望の空くんの2回目。今回は『唯物論』という言葉も飛び出して、彼の心の中の風景というか、彼から見えている世界を語ってくれてるんだけど、これがめっぽうおもしろい。自分が置かれている状況、感じること、考えていること、思うこと、それぞれとしっかり向かい、ひとつずつ解きほぐそうとする態度を見ていたら、心を病んでいるのは彼なのか、世間のほうなのか、一瞬わからなくなります。でも、つい…

続きを読む