中野香織さん1「自分ひとり分ぐらいは、つながりで生きていけるんじゃないかなと思って」

都会での持続可能な暮らし。これは私も日々研究をしているのだけど、仕事が忙しくなると一旦棚上げになってしまいがち。だったら仕事しなきゃいいじゃん! と思ったかどうかは分からないけれど、1年ほど無職(現在はパートタイマーに復帰)をしながらそんな暮らしを実践していた中野香織さんが今回のゲストです。漢字で見ると「かおり」さんと呼びたくなるけど、「かおる」さんです。ちょうどこの頃(8月の上旬)伊達ちゃんも…

続きを読む

草野結実さん4 キレても案外友達でいられる~人見知りタイマーが切れていくとき~

ゴーストオタク結実さんの片りんはいったいいつからあったのか…?人生全体について伺いました。 「大人になることは自分の意見を言えるようになること」という話が出てきて、弓田さん回と共通項を感じたり。一方で、おかしいと思ったことを表明することを、場を乱す行為とする考え方が、まああるわけで。子どもの「思ったことを言う」がいつしか周囲のあれこれ込で考えるようになったあと(これ通過せずずっと思ったこと…

続きを読む

草野結実さん3「そのとき、サッカー日本代表の気持ちになった…」2次元から3次元へ

いや~、今回も笑った、笑った。何とか10分ほど削ったので、笑い声は相当減らされてるんだけど、収録中ずっと笑いが絶えなかった。それにしても、【自称:人見知り&コミュ障】だったユミちゃんが、好きなバンドを通して世界をどんどん広げていき、冒険に飛び出していく。好きという気持ちがここまでポジティブに作用しているのも久々に見たけど、その幸福感が私たちにも完全に伝染した。あと、何を聞いても全部答えられるとこ…

続きを読む

草野結実さん2 ゴーストオタクの拡張する日常&中二病の必殺技がグラミーとっちゃったことによる悲劇

最初に言います。42分あります。 でもほら、もう最初からそういう番組だと思って再生ボタン押していただければ。 録音中、続きが気になりすぎて停止ボタン押せなかったんです。 というわけでスウェーデンのロックバンドゴーストが好きすぎる草野結実さんのお話第2弾。 通常ならしない行動を人生に即行で取り入れる効果的な方法って、「好き」にリンクして発生するってことなんだろうな。その時点で負担じゃな…

続きを読む