古谷彰悟さん1「通りすぎたら戻らないルール作らないと、いっこうに前に進まない」お散歩マフィアの日常

今週からのゲストは、私たちの浮いてる写真を撮ってくれた古谷彰悟君。a.k.a.おじょう。 これまでのゲストさんではかなり聞いてきたキャリア話が、今回はさっぱりありません。でも人生は詰まってる。路上を観察し楽しむ人は何を考えているのか聞いてみましょう。 おじょうの投稿で大好きな一つに 「三鷹駅のホームすごい。ラインに沿ってお進み下さいがたくさんあってきれい」 というのがあります。 …

続きを読む

伴野和孝さん(番外編) TBSと俺

ホントは1回目に書くべきだったことかもしれないんだけど、今回の冒頭でも語っているように、伴野くんは浮いてるラジオの3人目のメンバーというか、裏方というか、アドバイザーというか、つまり毎度お世話になっております。というわけで非常にリラックスした状態で収録したもんだから、おばちゃん被せてしゃべりすぎてるね。ごめん、反省してる。 編集はほとんどやってないと言ってますが、最近はわりと細かくつまんで…

続きを読む

伴野和孝さん3「就職のための勉強をしないように気をつけてます」本当に無職を満喫している人

ジャジャジャーン、おやつをもった伴野さんの写真でお気づきの方もいるかもですが、これまではカンナさんのおうち(伊達のうちでもいいんだけどそういえばまだない)で収録してきたのだけど、祝★初★おうち訪問!伴野さん宅で収録しております。 3週目はいよいよ「いかに無職を楽しんでるか」話。 無職のお楽しみ、それは時間があること。多忙の映像業界から突如時間ができた伴野さん、映画「この世界の片隅に」…

続きを読む

伴野和孝さん2「吹奏楽部や美術部に入ることは人とみなされない」田舎の文化系子ども時代から映像業界へ

一週目で無事に無職となった伴野さん、今週はさかのぼって映像業界にいたる子ども時代から始まります。 どの部活に入るかには、駆け引きとはいかないまでもいろんな思惑が交錯するものですね…ちなみに私は中学時代美術部(と駅伝シーズンだけ長距離)でした。で、小学生時代は、文化系とスポーツ系の交差点(詳しくはラジオで)、卓球部にちょっといました。カンナさんの言うとおり。 実際に伴野さんが何部に入っ…

続きを読む