伴野和孝さん1「無職を絶賛! 謳歌中」の人ができるまで

ラジオを始めて早4ヵ月。(着手してからはほぼ1年だけどネ)ここまでのゲストに聞いていることは結局のところ、その人のキャリアプランということに尽きるのかなと思います。 で、満を持して無職の人が登場!  しかし、働くのか、働かないのか、働くのであればどう働くか、働かないのであれば、どう働かないのか、なぜ働かないのかということも個人が選択するキャリアプランと言えるのではないかしら。 …

続きを読む

伊達文さん2「性格は変えられる」自分で考え方を大改造した人

聞けば聞くほど、伊達ちゃんのことを知らない人への紹介ではなく、伊達ちゃんのことを知ってる人向けの話になっていく、このたびのインタビュー。ワタクシ、完全に趣旨を混同しておりました。「コンドーです」(←30代以下には全く通じない昭和のギャグ) さて、前回のブログで私たちはそれほど「ツーカーの仲」ではないと書いたのだけど、まさにそのツーカーでなさ具合が炸裂しております。 たまにないですか?…

続きを読む

林かんなさん2「私は自分のことをまったく責めない」人生の早い段階で失敗は失敗じゃないことを知った人

カンナさんに初めて会ったのは、今週最初の話題、カンナさんのギャラリー「ガレリア★アノニマ」。 ラジオにも出てくるとおり、カンナさんに出会って自分も自宅でイベントを始めた私だけれど、お互いのイベントに参加したりわが家のイベントにスピーカーで来てもらったりしつつ、それぞれ自分で好きでやってる活動が山ほどあるので、ちょうどラジオをやりたいタイミングが重なって、今回初めて一緒に一つのものを作ってい…

続きを読む

伊達文さん1「自分と遠い人の話が聞きたい」ジャンルに縛られずにイベントを仕掛ける人

私たちの自己紹介をかねてお互いをインタビューする月間の2週目。私たちを知らない人のための紹介なのに、ついミッションを忘れて自分が聞きたいことを聞いちゃったから、内面にぐいぐい迫る内容になったことを反省。伊達ちゃんからも指摘されておりますが、もう少し外側のことからゆっくりと行くべきだった…。 数か月一緒にやってきて思うのは、学生時代に勉強ができた人は予習・復習が習慣になってるんだなってこと。…

続きを読む

林かんなさん 1「翻訳してて面白いことは?」「面白いことしかないくらい」世界のどこかで働きたい映像翻訳者

「カンナさんと伊達さんがしゃべってるのも聞きたい!」という声にお応えして、今月はカンナさんと伊達が互いに聞き合います。1週目は伊達からカンナさんに質問。 人のことは言えませんが、カンナさんは本当に人生を楽しむ人だなあと思います。ほんとに楽しいのだろうし、楽しめるように、いろいろ考え、整えている。 これできないかな?→言ってみる、やってみる。 「人生は実験」というのは私も常々そう思う…

続きを読む